• ruckustheaterorg
  • スキンケアについて
  • 脱毛器ケノンの料金や効果について解説 はコメントを受け付けていません。

ケノン 種類

ケノンは決して安い家庭用脱毛器ではないかもしれません。しかし脱毛サロンや医療脱毛機関でムダ毛を脱毛すると、それなりの施術費が必要となります。そうしたことを考えると、ケノンを使用してセルフ脱毛するのは大変お得です。

しかもケノンから放たれる特殊な光は脱毛サロンで使用されるものと一緒であり、メラニン色素を含むものにのみ反応します

そのため肌に照射しても問題なく、メラニン色素を含んでいるムダ毛だけにピンポイントで作用するのです。

ケノンには光の強さを調節できる機能がついています。そのためムダ毛の太さや数に合わせて、レベルを調整できるのです。

ケノン使用者の口コミを見てみると、「効果がない」といったものも見られます。しかし自分に合ったレベルの光を照射することで、ムダ毛をきれいに脱毛することができます。ケノンでのセルフ脱毛は、脱毛サロンでのフラッシュ脱毛と同じ原理です。

光が照射されたムダ毛の毛根に熱を加え、ムダ毛を作り出す組織を弱らせるというものです。この熱が毛根に届いたとき、チクッとした痛みを感じます。もちろんこの痛みは我慢できないような痛みではありませんが、決して心地よいものではありません。

そのためケノン利用者の中には、光のレベルをかなり低く設定する人もいます。しかしレベルが低すぎると、脱毛効果が見られないことがあります。

このようなことが生じないよう、自分に合ったレベルの光を照射するべきです。おすすめの使用法は、低いレベルの光を照射して様子を見て、効果が感じられなければレベルを上げていくというものです。

効果が見られるレベルがはっきりしたら、そのレベルの光を当て続けてムダ毛を脱毛していきます。しかしこのとき、もしかすると肌が熱を持つようになったり、赤くなったりすることがあるかもしれません。

これは比較的高いレベルの光を照射すると毛根周辺の肌組織にたくさんの熱が加わることが原因です。このような状況に陥った場合、ケノン使用後に脱毛部分を冷却するべきです。こうしたアフターケアは非常に重要ですが、注意すべき点もあります。

まず先にも述べたように、ケノンはムダ毛の毛根に熱を加え、ムダ毛を作り出す組織を弱らせることで脱毛を可能とします。そのため熱が加わった毛根をすぐに冷やしてしまうと、脱毛効果が見られません。

「ケノン使用時にチクッとした痛みを感じるし、使用後は肌が赤くなるから脱毛は成功している」と思ってしまうかもしれませんが、できることならば毛根組織が弱くなるまでそこに熱を溜め込ませることが脱毛への近道なのです。

この点を理解していないとせっかくケノンが毛根に熱を加えても、アフターケアによって熱が逃げてしまうのです。高いレベルの光を照射している人は、ケノン使用後すぐに極度の冷却を行っていないか、確認してみると良いでしょう。

使用後すぐに脱毛部位を冷やしているのであれば、効果が見られない原因はそこにあるかもしれません。

またケノン使用後、すぐにムダ毛が脱毛されないこともあります。再三述べているように、ケノンが放つ光は毛根に熱を加え、それを弱らせます。その結果毛根はムダ毛を支える力を失い、脱毛が完了します。

その後ムダ毛は再び生えてきますが、それらは非常に弱々しくて細いものです。つまりケノンを使用し続けていればムダ毛は細くなり、目だたなくなるわけです。

ケノンはムダ毛を作り出す組織を破壊することはできません。

そのため使用し続けても永久脱毛には至りません。この点も理解していないと、「ケノンはいつまでたっても永久脱毛ができない」と嘆くようになり、誤って「効果が見られない脱毛器である」と感じてしまうのです。

ケノンの効果や評価はどう?