• ruckustheaterorg
  • スキンケアについて
  • 丁寧に洗って美肌を目指す!スキンケアの基本は洗顔から はコメントを受け付けていません。

お顔のスキンケアの基本は「洗顔」です。高価な化粧水やクリームを惜しみなく使っても基本中の基本である洗顔がしっかりできていなければお肌の美しさはキープできません。

 


 

逆に言えば洗顔さえきちんとできていればお金をかけずともきれいな肌をキープできるということです。面倒なスキンケアはニガテ、という方は洗顔の仕方だけしっかりおさえておきましょう。美しさだけでなく肌の健康にも関わってきますから、きちんと洗顔をして健康でみずみずしい肌を目指してください

多くの人が間違えているのが顔の洗い方です。汚れがしっかり落ちるようにと力を入れてゴシゴシ洗う方を見かけますが、そのような洗い方をすると汚れだけでなく大切な肌の角質まで傷つけてしまいます。

顔の肌はとてもデリケートなので絶対に力を入れてこすってはいけません

強くこすると肌に負担がかかるだけでなく刺激で汚れの詰まった毛穴が引き締められてしまいます。汚れが残るだけでなくニキビもできやすくなるのでソフトタッチで柔らかく洗うことを心がけましょう。
ソフトタッチでの洗顔では汚れが落ちないのでは?と思われるかもしれません。柔らかな洗い方で汚れをきちんと落とすには「石鹸をしっかり泡立てる」事が重要です。

石鹸はそのまま顔に塗っても十分な洗浄力が発揮できません。細かい毛穴まで浸透してしっかり汚れを落とすには石鹸を十分に泡立てる必要があります。石鹸は泡立てるほどキメが細かくなり汚れを落とす力がアップします。

十分泡立てず直接肌に塗りつけても内部まで浸透しないので洗浄効果はイマイチです。しっかり泡立ててから優しく肌にのせていけばソフトな洗い方でもしっかり汚れを落とせます。

石鹸を泡立てるにはキレイに洗った手で石鹸と水分と空気を混ぜるように泡立ててください。時間をかけて泡立てるほど決めの細かい泡になります。上手く泡立てられない方は泡立ち効果のあるボトルや泡立ちネットを使いましょう。

洗顔中は毛穴に詰まった汚れに石鹸を浸透させるイメージでゆっくりと指で円を描くように洗います

一方向からだけの洗い方では汚れが残ってしまうので、何度か洗う方向をを変えながら丁寧に洗ってください。小鼻やひたいなど皮脂の多い部分は特にしっかり洗いましょう。

洗顔終了後はしっかりとすすいで石鹸の成分を肌に残さないようにしましょう。すすぎが不十分だと落としきれなかった石鹸が肌を刺激し続けてしまいニキビや肌荒れの原因になります。洗顔とすすぎがしっかりできていれば基本のスキンケアとしては十分です。

話題の酵素洗顔 【マスターホワイトフェイスソープ】